万菜はせがわ

京都のふだんのおかず(お惣菜)は、「おばんざい」といわれ、季節の野菜を主にして、手間やお金をあまりかけずに作ります。

今でいうとエコで地産地消の健康食を京都の人はずっと作り、食べ続けてきたといえるのかもしれません。

京都の料理はコンブとカツオ出汁(だし)からとった薄味。お皿と料理の盛り付け具合を目で楽しみ、野菜をかむ音を耳で楽しみ、味を舌でじっくり味わう・・・「万菜はせがわ」では京都の人が食べ続けてきた日常の味、10種類以上のおばんざいをバイキング形式、1050円でいただけます



まず、主の一品を選択。お盆に主の一品とおかわり自由のご飯・お味噌汁、何も乗っていないお皿が運ばれてきます。

カラのお皿を持って、カウンターに並べられたおばんざいを取りに行く、、、切干大根・カボチャを炊いたもの、ナスの煮つけ、高野豆腐を炊いたもの、ピリ辛こんにゃく、ヒジキを炊いたもの、キャベツのゴマ和え、サラダなどを好きなものを好きなだけいただきます。

今回は主の一品としてサバの煮つけを選択。サバには三度豆と長いもが添えられていて彩りも美しい。味は少し甘め。お味噌汁はワカメの赤だし。

好きなものを並べたおばんざいは、ほどよく野菜の歯ごたえを残して、ボリボリ、シャキシャキという音とともにダシのやさしい味が口の中に広がります。



灯りや椅子は和のテイストで、畳敷きの小上がりの部屋もあります。料理人の方が忙しく次の料理を作っていらっしゃる様子を見ながら、京野菜をじんわり味わえます。

京都を訪れたなら、京都人の日常のおかずを実際に味わってみてほしいです。

「野菜は少し苦手」という方も店主の気持ちのこもった料理を口にすると野菜のおいしさに気付けるかもしれません。



店名:万菜はせがわ
住所:中京区三条通柳馬場西入ル
電話:075-221-6680
定休日:水曜日・木曜日

※お店のデータにつきましては、変わっている場合がありますので必ず事前にお問合せ・ご確認くださいますようお願いいたします(18.5掲載)。   


Posted by kyo-miti at 18:33Comments(3)四条烏丸周辺

YAK&YETI ヤク アンド イエティ(ネパール料理)

一風変わったお店の名前。「ヤク」はチベット・ヒマラヤ地方に生息する牛の仲間のことで、「イエティ」には雪男という意味があるそうです。

ドアを開けるとスパイスの香りが漂ってきます。取材に訪れた時はお客の半分が外国人でした。ランチタイムのセットメニューは3種類で、ほかにサイドメニューやドリンクのオーダーも可能です。ネパールの衣装を着た店員さんが注文を取りに来てくれますよ。

ランチはカレーが中心です。50円プラスでライス大盛りも可能なので、京都散策でお腹が空いても大丈夫。普段食べているカレーより若干赤みの強い色をしたルーは、辛みが強くなくまろやかでイケます。カレーに添えられたネパールの漬け物「アチャール」も箸休めにぴったり。

「和」の京都に来て、ランチタイムをアジアな空間で過ごすのもいい思い出になりそうですね。

〜〜DATA〜〜

予算:750円〜

中京区御幸町通錦小路下ル大日町403-2
075-213-7919
11:30〜15:00、17:00〜22:00
休日:月曜日

お店のデータにつきましては、変わっている場合がありますので、必ず事前にお問合せ・ご確認くださいますようお願いいたします。
  


Posted by kyo-miti at 10:14Comments(0)四条烏丸周辺

楽仙楼 らくせんろう(中国北方料理)

中国・ハルピン出身のお母さんが作る本格北方中華のお店。

ランチはメインのおかず(数種類の中から選べます)と副菜が2品にスープ、それと水餃子が2つにライスがついて800円とボリューム満点。だけどこのランチの個性はボリュームだけでなくその味にもあります。

中国の北方料理は非常に塩辛いですが、このお店のメニューはすべて日本人向けに薄味で、それでいて中華の味をきちんと残しているのがすごいところです。餃子や豚まんなどは、ちょっとほかでは食べられない逸品ですよ。

お店の人はみな親切で明るくて、お客さんと友達のように話していてとてもいい感じです。ランチタイムもセットだけでなく単品の注文が可能なので、お好きな方はこちらもぜひ。

〜〜DATA〜〜

予算:ランチ900円〜(土日祝は980円〜・税別)

京都市下京区東洞院四条下ル元悪王子町37
京都散策乗物ガイド34ページ地図に位置情報を掲載しています)
075-351-4900

11:00〜21:30
(ランチは11:00〜14:00、ラストオーダーは20:50)
不定休

※お店のデータにつきましては、変わっている場合がありますので必ず事前にお問合せ・ご確認くださいますようお願いいたします。
  


Posted by kyo-miti at 10:10Comments(0)四条烏丸周辺